運動・散策が主体になってきました。 ☆京都大学火山研究センター(ライブカメラ )
☆阿蘇山火山防災連絡事務所
☆火山活動連続観測網VIVA ver.2 阿蘇山観測データ(広帯域地震波形画像)防災科学技術研究所
☆地震波連続波形一覧グラフ 熊本県
☆宇宙天気情報センターの黒点情報
☆全地震速報
☆強震モニター
☆Hi-net自動処理震源マップ
☆九州大学 地震火山観測研究センター 震央分布図 震源リスト(最近7日分)
☆RadGraph - 大気中ラドン濃度グラフ集
☆NETC(RADCON)
☆最新の地殻変動情報(国土地理院)
☆広島大学 atmos 深部低周波微動震央分布図
☆くまもと火事どこ?まっぷ
☆ホワイトフード(放射能速報地図)
☆熊本県の放射能情報一覧
☆天気予報リンク
☆情報リンク
☆2016年 熊本市内 放射能 6/16=0.10~0.11uSv/h→7/22=0.12~0.14uSv/h(SOEKS 01M PRIMEにて)
「希望の党」の失速の原因
選挙後、失速の原因が、「排除」が全てだったように言っているが・・・

私はこのように思っている。

①野党が一丸となって、希望の党に移って、安倍政権を倒すのかと期待したが・・・「リベラル排除」があった。そして、その事実がどうであったかという経緯が、少しずつ選挙中、漏れていたが、「踏み絵」も後出しで次から次に出て来るし、憲法改正に賛成する内容も分からないのに白紙委任するような協定書だったという。「野党一丸で戦う」がないというのは、致命的だった。リベラルを排除したら、中山斉彬さんなどが残り、「極右政党」だという印象になった。自民党にもリベラルはいるのに、それよりももっと右の政策集団というのが支持されなかった。「排除」だけではなく、そこに「至る経緯」にも嫌悪感を感じたのだ。また、安全保障が自民党と同じで、違いを見いだせなかったのも「反安倍」色は薄かったと思われる。野党のはずなのに「立憲民主党」に刺客を出しており、場合によっては、自民党議員に刺客を出さないという矛盾。いったい、何と戦っているのか?

②希望の党は、党結成時から「一院制」がまずの政策だという。はあ?それが、一番に言う政策ですか?と疑問が。「一院制」は、独裁が強くなるので、私的にNO。その後も、政策はどんなものなのかを見極めていたが、「原発ゼロ」の内容もコロコロ変わり、「花粉ゼロ」などのスローガン的な政策は、本当にどうでもよかった。テレビ討論番組で、初期の頃、原発ゼロについて質問されたが、全く、原発の基本的な事も知らずに原発ゼロを叫んでた。もともと、「政策に中身がない空っぽ」だった。また、「ユリノミクス」などという「オシッコ垂れ流し」を連想させる政策の言葉選びのセンスのなさ。「ベーシックインカム」など横文字の政策を言っていた。私は、横文字政策は、自民党時代からの流れで、「戦後レジームからの脱却」「ホワイトカラーエクゼプション」「イノベーション」など、とても、この横文字政策の名前を使うのに好印象がない(ろくな政策ではなかった為)。自民党を連想させる。政策が党内で熟慮されないまま、次から次へと馬渡的な政策を出していて、そんな政党に政権選択を託せるだろうか?

③中山斉彬さんの存在。初期の頃、「安倍総理でなければならない」と言っていたし、安倍さんを首班指名するとか・・・で、こういう立ち位置の人が、九州ブロックの立候補者を決め、「思想チェック」して、この本人が九州比例ブロック1位という。つまり、党の顔が中山斉彬さんだという。与党から政権を取りに行く場合、「反安倍」でばければ、その支持票は得られない。で、中山斉彬さんが顔ということで、更に「極右」というイメージが定着した。安倍さんの憲法や民主主義を度外視した「独裁」に異を唱えているので、尚更、「安倍さんと思想を同じとする」イコール「独裁」がイメージされた。この党に対し、体が拒絶反応を起こした。
音喜多さんの話を理解すると、「都民ファ―スト」も独裁だったことがうかがえた。

④ジャパンハンドラーズの息がかかった小池~前原ラインが、理解されてきて、そこには竹中平蔵も見え隠れしていた。これは、アメリカから米従の政権を2つ作らせるためのものであることは、早々に分かった。自民党が、米従ネオコン政党Aであり、希望の党が、米従ネオコン政党Bであることが分かった。どちらを選んでも、後ろに米帝がいる。このような政権は、アメリカに有意に貢ぐ政権である為、今後も国益は度外視されそうだった。しかも、そういう背後にアメリカの影がある前原誠司の「日米同盟が重要」という言葉と、「一貫した反共」姿勢は、もはや、安倍打倒よりも別な使命を帯びていたのではないかと想像させられた。それが「野党分断・リベラル排除」だったのでしょう。小林よしのりさんが、立憲民主党の応援演説で「政権選択選挙にならなくした、前原・小池は腹を切れ~!」と叫んでたけど、そういう気分に同意。

⑤小池さんは連勝で、すこしおごりが髙かった。「選挙はテレビがしてくれる」など、小池さんが言ったと中山さんから漏れてきており、国民からしたら馬鹿にしてるなと感じた。マスコミコントロールしていると自白したも同然。そういう自民党時代から、ネットサポーターズクラブの幹部(小池さん)だったようで、その考えをやってるという事である。

⑥当初から幹部の顔として出て来る面々が、小粒。この人たちが、この党の顔?とか思うと・・・・

⑦数合わせのために、その土地に縁もゆかりもない議員を立たせて、当選するはずがない。

※「希望の党」のポジションは、「維新」などと同じで、尻すぼみで終わるだろう。前原・細野・長島さんなど、まあ、民進党を出て行ってもらった方が!残っている参議院の民進党議員や立憲民主党を国民も応援しやすいと思われる。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自民党は、昔の自民党ではない。良識のある自国の利益を守る国会議員は、「郵政選挙」ではじき出され居なくなった。今は、日本会議・統一教会・異様なまでの米従の自民党清和会が自民党を動かしている、極右政党である。仮に、安倍さんが退陣しても、同じ清和会から出るような総理大臣だと、今後も「独裁政治」は続くと思われる。彼らが目指している物は、「軍国主義国家」であり、「民主主義」「基本的人権」「平和主義」は邪魔であると言って、自民党憲法草案から削除されている。

昔の自民党を支持している親世代とか、団塊世代とか。。。。もう自民党の中味が・・・派閥も弱まり、党内で浄化されるような状況にもないように見える。
小泉さんもアメリカとの蜜月が激しかったが、その裏で、国益を売っていた。安倍さんも変わらない。

選挙の結果は、驚くこともなく、今回は、安倍政治を批判している数は多いが、野党が分裂すると、票がばらけるので自民党が勝つが、そのバラけた票を足すと、十分に「政権交代できる」票であり、決して「安倍さんは信任されているわけではない」。

まあ・・・そうは言っても、自民党に入れた人たちは、

消費税10%増税にYES
残業代ゼロ法案にYES
75歳以上からの年金支給開始にYES
新自由主義社会(格差社会)や派遣が増える社会にYES
戦争(アメリカの下請け)や自国にミサイルが飛んでくる事にYES
子供や孫が徴兵される事にYES
介護報酬の引き下げにYES
水道民営化にYES(アメリカ様に差し出します)
種子法廃止にYES
憲法改正で「民主主義」「基本的人権(生存権・財産権)」「平和主義」の停止にYES
米従奴隷にYES(どこまでも奴隷になります)
税の徴収は、マニフェストと異なり、使い道が変更になってもYES(例えば企業減税や軍事費用)
社会保障や医療費用の削減にYES
原発推進にYES(戦争開始時も原発動かしたままなので、格段にリスクが高まる)
加計・もりとも問題に蓋をしてもYES
etc・・・

まだまだ、あると思うけど・・・自民党に投票した人たちは、上の事に対して責任を果たしてもらいたいものである。(私はどれも反対で自民党には投票していない)

共産党が議席を減らした事は、残念である。しかし、「希望の党」より「立憲民主党」が野党第一党になったのはよかった。主導権をね・・・
平和が脅かされるとき、やはり「平和主義」を唱える政党を残して置きたいものである。大政翼賛会は、第二次世界大戦のようになるので危険である。
もはや、自民党を支持しない沖縄の方がまともかもしれない。沖縄にとって、それだけ、「平和」に対する気持ちが高いのだと・・・

政府がヤ○○を動員した歴史【ア○ク歓迎実行委員会】→今回の東京での安倍自民党の遊説動員風景が、日の丸を掲げる団体が多かったという。いつか来た道という印象がした。

今回の選挙で、格段に「日本が戦争に近づきました」
日本人の奴隷根性は根が深かった・・・

※私は、中道で、場合によって左に行ったり、右に行ったりしますが・・・(右の行き過ぎ政策には、左は必要と思っている)
保守を好きな日本人なら、保守には2通りあることに気付いてほしいです。

①対米追従政党(アメリカに有利な政策を行い、日本の国益を売る)
②愛国保守政党(日本の自立や国益を優先)

私は中道だが、②を選ぶべきではないかと思う。

自民党はCIAが作った政党であることは、ちょっと、ネットや書簡でわかる時代になった。右翼も日本人ではないことは知られている事である。
例えば、安保法案審議の時、地元の街を若者が「安保法案賛成」で練り歩くのを初めてみた。しかし、そのあと地元新聞がスッパ抜いていたが、その団体が「統一教会の子供」という事だった。
権力者が、有利に国を動かすために、昔から行われてきたことなのだろうと思った。



[PR]
# by tekotan-life | 2017-10-23 16:47 | ニュース・政治
戦争
今回の選挙は、

「戦争に賛成しますか?」or「反対しますか?(平和を望みますか)」ですよ。

与党が大勝したら、「国民が、戦争に賛成しました」と言うでしょう。そして、アメリカの言うままに、追従して戦争をし始めるでしょう。11月にトランプに会うのは、そういう事でしょう。
しかしながら、国民の過半数が「戦争に反対している」と思っている?が(意見は二分している)、昨今、野党が分解、分裂してしまうと、「戦争に反対の票」がバラけてしまって、票として現れない。今日の弱体化した野党では、野党陣営の候補者の一本化は重要であり、今回の民進党のクーデター?は、「与党を利する」行動であり、そういう所から、野党を応援する側の国民から怒りが・・・「戦争」という事は、とても大事な事だったのです。
例えば、投票率が50%だったとしても、与党が勝利した場合は、「賛成」したと言われるでしょう。国の大事な事なので、国民の投票率が70%を超えない選挙は無効とかの法律整備も必要だと思います。

以下、リンク先をクリックで読まれてください。
②アメリカは、最近、ユネスコから脱退の表明
基地権の密約&指揮権の密約→戦争有事には、日本はアメリカの指揮権の下に置かれて戦争をする=「戦争の脅威が生じたと米軍司令部が判断した時は、日本の全ての軍隊は、アメリカ政府によって任命された最高司令官の指揮のもとに置かれる。」

北朝鮮との戦争も、アメリカの判断で、日本も巻き込まれる。北朝鮮は、日本海側の原発や在日米軍基地は、攻撃目標にしていると発言してる。戦争が始まった時に、核弾頭もしくは化学兵器を搭載したミサイルが、日本に飛んでくる現実を日本人が理解していないようだ。自民党予定候補者の4割弱、維新の予定候補者の8割弱が、軍事攻撃に賛成しているらしい。とても危険だ。朝鮮半島内で、戦争が終わると思っている有権者も危うい。予測通りにいかないのが戦争なんだから、絶対にしてはならない。
多分、クリスマスやお正月の帰省を、韓国に残っているアメリカ人の避難時期と考えての軍事行動も有り得る(1~2割確率?)。

アメリカは、ドルの基軸価値が下がってくると、国家破綻にまっしぐら。最近は、諸外国がドルを使わなくなっている。益々、アメリカが苦しくなっていて、日本=強い円(¥)と中国=人民元が戦争して、価値を下げて、ドルが復活して、アメリカの再生というものを目指しているように思う(経済大国2位、3位を没落させることで達成)。日本は、戦争した場合、日本の国家破綻が待ち受けている。代理戦争になる事は止めなければならない。アメリカの為に、日本は壊されるだけ壊された。アメリカは、日本を戦争させるために、かなり急いでいると思われる。また、そのアメリカの意の通りに、動く政権がある。その人たちは、日本を守る気がない。

今回の急な解散総選挙は、アメリカの為に、日本が戦争に参加できるように憲法改正を急いでいるものと思われる。(国民の有無を言わせないように「緊急事態条項」=戒厳令の制定を目指している)

だから、「戦争したい人」は、そのように票を投じ、「平和でいたい人」は、そのように票を投じる。

「民主主義」の崩壊の先に、「戦争」があると思ってます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

・無所属議員の扱いが酷いと思う。同じように政見放送もさせるべきだし、街宣カー1台とかあり得ない。また、CMなど、お金を持っている政党なら流すのは、平等な扱いとは言い難い。元々、平等性のない選挙なのだ。こういう、お金持ちでなければ、政治家になれないみたいな制度こそが、国を没落させている(有能な国会議員を選別できない為)。




[PR]
# by tekotan-life | 2017-10-18 11:11 | ニュース・政治
未来
①日本の未来像→日本人が、幸せになれる層があるのでしょうか?これを支持しているのが今の日本人。


若者(アメリカ主導の戦争の為に徴兵制が行われる)
↓   
中間層(ホワイトカラーエクゼプション・残業代ゼロ・派遣社員で、将来の見通しなく、日々の生活が精一杯
高齢者(75歳以上の年金受給)ただし、まだまだ、支給年齢は上がりそう。75歳まで働けと・・・介護・医療費の削減され・・・負担増・・・

②戦争

「特別秘密保護法」
 ↓
「集団的自衛権の行使」「戦争法」「共謀罪」(戦争をするための法整備が着々と行われている)
 ↓
 憲法改正(憲法9条の自衛隊明記と緊急事態条項の制定)=戦争する為の最終段階の法整備
 ↓
原発稼働で戦争する国へ
一度戦争を始めたら、辞める事も難しい
侵攻した国からは、恨みの感情を持たれるので、当然、日本にミサイルが飛んでくる状況が当たり前になり、日本国が戦場地=焼野原になる

※今まで、議員が、戦争を薦める法整備に対して、「特別秘密保護法」「集団的自衛権の行使」「戦争法」「共謀罪」などで、どういう採決行動をしてきたか、ネットで調べた上で投票しようかな・・・一つの信念を見極める事になるだろう。
この選挙は、民主主義の法の下での最後の選挙になるかも?「緊急事態条項」は、解除権の定めがなく、永久に独裁可能。ナチスよりもひどい。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
10代の学生の頃、故郷で、青い海と空を見上げながら、「この平和は、いつまで続くのだろう。」と思った。
20歳になって選挙権を持った。その時代は、自民党と社会党の勢力図だった。それでも、若いながらに、寮生活をしていた同僚と、政治談議に花が咲いた。
それからも選挙だけは、毎回投票しに行った。投票した政党が、第一勢力になることは、ほとんどなかった。

社会を変えたいと、選挙に行ったが、親世代は、「ただ、昔からのなじみで、入れてくれと頼まれたから」とか、「職場で選挙が、どこへ入れるように言われた」とか、「建設会社・etcなどは、利権を持ってくるような政党を選んだ」とか、「なんとなく、こちらが政治を変えそうだから」「勝ち馬に乗りたいとか」とか・・・
そこに、別にこの国を良くしようという考えで、政策を見て入れた人はいなかった。マスコミに流されやすく、民度は高いとは言えなかった。
そういう国民性を逆手に取られてきたのだろう。それでも、昔は、政治で国民の命までは取らなかったから良かった。

この国の政治は、いつも「第一にアメリカを守る」という事で、日本国民の生命や財産を守る事は二の次、三の次だった。
それを知ったのは、小泉政権下でイラク戦争(間違いを訂正)があった。「大量破壊兵器」を持っているという話で、小泉さんは、その確認をしたわけでもなさそうだったが、いの一番にアメリカを支持し、サマワに自衛隊を派遣した。この時のアメリカの戦争目的は、「石油」だった。のちに「大量破壊兵器はなかった」と世界では・・・

そう、今の状況は、あのときと同じだった。与党は「完全に一致している」と答えた。「同盟国で支持します」だけではなく、完全=100%という言葉を使った。
つまり、日本というのは、1%も自分で考えて行動したり発言したりは出来ない。自分の国の考えを述べる事は許されない。全て、アメリカの言うとおりにしますという事なのだろう。そういう国なんでしょう。密約などある為。
アメリカの為の政治はするが、日本の為の政治はしないという事で、今日まできました。今後もそこの所は変わりそうもなさそうである。「水道の民営化」外資に売り飛ばされそうです。

そういう現実を受け止めながら、これから「アメリカの行う戦争の下請け」を、原発を抱えながらする怖さは、どうなんだろう・・・それを支持している国民って・・・

消費税や社会保障・経済・雇用は、国民の関心が高い事だが、結局、今、思うのは、

①平和でなければ、それら(消費税や社会保障・経済・雇用)を考えても意味をなさない
②緊急事態条項=戒厳令のような国民の人権(財産権・生存権)をとりあげ、国家に権力が集中し、国民全体が公権力に従う憲法を行使されたら、それら(消費税や社会保障・経済・雇用)を考えても意味をなさない→例えば、北朝鮮情勢や尖閣情勢で、緊急事態条項が発令されたら、最後まで奴隷になるしかない

そういう事で、個人的には、権力者が、「戦争を煽ったり、戦争を支持したり」する人では、一般国民の生活は破壊されると思う。
軍需産業とか利益しか顧みない人もいる。人の命を代償として。

「平和・民主主義・基本的人権・自由」などが、なくなる未来になってきていますが、皆さんは、その現実に耐えられますか?
平和もなく戦争に明け暮れる
民主主義はなくファシスト政治(独裁)で生きる
基本的人権(生存権・財産権)がなくなる。絶滅されるかも・・・
自由もなく抑止、制限され、管理社会(奴隷化社会)で生きていく

国は、戦争で、借金チャラになりますし、軍需産業は潤いますでしょうけど・・・
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

北朝鮮の事も思うのですが、もうずっと前から、日本なんて、ミサイルが飛んでくる範囲内でしたし、核を持っている巨大国(中国・ロシア)とも隣接してました。
北朝鮮も、もうずっと前から、核兵器を持っていたとロシアは言いました。
しかし、アメリカ本土に届きそうになってきたから、それなら場合によって、戦争もオプションとしてあり得ると言い始めています。
日本なんて、とっくの昔に、ミサイル攻撃対象になってたのにね・・・こういう矛盾が、つらいね。

あと、日本のTV番組に出てきて、アメリカ人タレントのケ○○・ギ○○ートって、日本会議のメンバーなんだね・・・まあ、色々な意図で発言してるんだろうね・・・

カルトに支配されている国・・・日本・・・戦争が始まる前は、「洗脳」も始まりますからね・・・

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
気になっているのは、仮に、日本のアジア中心で、第三次世界大戦が始まって、地震まで来たら、どうなるんでしょうね?この国は?
昔の状況と同じになってきていて、少し不安になります。

第二次世界大戦中の大地震
①鳥取地震 1943年9月10日 M7.2
②昭和東南海地震 1944年12月7日  M7.9
③三河地震 1945年1月13日 M6.3
④南海道地震1946年12月21日 M8.1(戦後)

しかし、これで、緊急事態条項の発令も困りますけどね・・・もう、そのあと、独裁でしょうね・・・














[PR]
# by tekotan-life | 2017-10-12 08:30 | ニュース・政治
志賀島 サイクリング
九州南部は天気が冴えず、九州北部だけ、晴れ模様。離島へ渡ろうかと思ったけど、先日の「スズメバチ」に心が折れて・・・

2週連続、福岡へサイクリングへ。志賀島に行くことにした。志賀島に来たのも久しぶりかも・・・10年前以上か・・・でも、車で志賀島を1周してドライブが多く、自転車では来たことはなかった。自転車だったり、歩いたりすると、車と違い、普段、見ない観光場所もあるとは思う。

公衆トイレP駐車→志賀島を時計回りにサイクリング→蒙古塚→休暇村 志賀島→中津宮、沖津宮→二見岩→潮見展望台

この志賀島(時計回り)1周サイクリングは、坂道の登りは、休暇村に着く手前に1ヵ所あるだけで、あとは、サイクリングに適していると思う。
中津宮、沖津宮辺りで、家族の自転車がパンクしたのがね・・・
c0104206_15425091.jpg
先週行った能古島が見える。
c0104206_15433173.jpg
先週から港に泊まっていた豪華客船も見えた。(注:写真には写っていない)
c0104206_15462220.jpg
おお~福岡を豪華客船が旅立ちました。「OVATION of the SEAS」と船体にあるような・・・日本に入港した最大クルーズ客船。
c0104206_15525952.jpg
玄界島
c0104206_15533182.jpg
c0104206_15535320.jpg
休暇村 志賀島の前の玄界灘
c0104206_15545651.jpg
沖津宮の鳥居が見えます。
c0104206_15555772.jpg
眺めはいいです。
c0104206_15562586.jpg
単なる岩
c0104206_15564913.jpg
二見岩
c0104206_15571525.jpg
潮見展望台~人は沢山来てました。ここには、初めて行きました。ここへは、車で来ました。
c0104206_15575817.jpg
潮見展望台からの夜景~もうちょっと、暗くなると、街灯りがはっきりするかも・・・

しかし、海鮮丼を食べそびれてしまいました。島は・・・店が17時とか閉まるのが早いですよね・・・
福岡は、近場にサイクリング出来るような場所があり、海も近く、楽しめそうです。




[PR]
# by tekotan-life | 2017-09-26 16:01 | ドライブ・観光